”本当の自分に還り自己実現を目指す あなたへ”自己回帰詳細

1、自己回帰セッション概略


"どう あなたは在り、何を あなたは大切にし、何に あなたは喜びを感じるのか"

を掘り起こし、ご自身のポテンシャル(潜在能力)が何かを思い出していきましょう。

今までの心理学は(古典心理学と総称されます)精神的障害や人間の弱さに焦点をあてていましたが、アメリカ心理学会の元会長 マーティン・セリグマン博士が1998年にポジティブ心理学という”より良く生きたい”という全ての人を対象に向けた心理学を提唱しました。

それは心が弱った人、精神的に病んだ人だけが心理学の対象ではない、ということです。


その根底に、わたしは20世紀半ばに起こった人間性心理学運動があると思います。

その中心的人物がピラミッド型の欲求階層説で有名な心理学者アブラハム・マズローであり、彼は人間の経験の重要性、自己成長したいという潜在的欲求、そして自己実現を示唆しました。その先にある社会は、それぞれが自己を尊重し、他者を尊重しお互いのコミニケーションが平等な世の中ではないでしょうか。そして本当の幸せとは、人ひとりひとりの自己の尊厳が守られた世界。自己実現をし、一緒にそんな世界を創っていきませんか?

(※生きとし生けるすべてのものの、です)


このセッションは、自分を愛し相手を愛する生き方を実現、実行させるために、いかに あなたのポテンシャル(潜在能力)を活かせるのか。どうしていったらより良く生きていくことを実現できるか具体的な方法を あなたと共にに考え実践していくものです。


あなたの人生の目的、は何か。どのような志しで仕事をしたいのか。

どのような人と共に生き、自分はどのような人間でありたいのか。


 ”本来の自分へ還るため” そして、あなたの自我を目覚めさせるセッションです。

その為に先ずはあなたが本当に求めている自分軸を言語化していきます。そこには あなたがこの世に生まれ、実現したい世界、求めている暮らし方、どう世の中に貢献していきたいのか、そのエッセンスが凝縮されています。ですから実際にその軸を呟くだけで、身体に軸が通り始めます。そうして自分のエネルギーが湧いてくることで、人生のテストという、本当にその生き方で良いのか、という問いが投げかけられてくることでしょう。それをパスすればするだけ、あなたはあなた自身へと近づいていきます。

同時に自分を見失ってしまった方は心が傷ついた人、でもあります。ですから前半は心理療法を活用し心の傷も癒し、後半は更にその眠った潜在能力も引き出していくこと、が大きな流れとなります。


最終的には自我の目覚めた時(サードアイが開いた時)でセッションは終わります。

サードアイが開く、とは超能力などを呼び起こすものではなく繰り返しますが自我の目覚め、のことです。本当の自分を生きているならば、魂の瞳は開くのです。セッションでは自分軸の言語やその展開方法、そして潜在意識の一番奥にいる自分自身との対話を繰り返し練習します。

それを忘れることのないよう、あなたは あなたの道を歩いて行ってください。

それはもう、一人で行ける、ということだから。(ただ時に大きな人生のテストがきて今ひとたび寄り添って欲しい、という要望があるので、卒業単発セッションを設けてあります)


また、本来の自己に戻るとはこういうことだ、という以下の記事を参考にされてください。

・記事一覧 本来の自分に戻るとは?

・セッション後、目指していく人間像指針 自己実現を果たした人の人となり


ワーク概略

(自分軸の言語化ワーク、身体の軸の作り方ワークなど。また その場でわたしがあなたの潜在意識の声を聴きながら、あなただけのオリジナルワークをご提案する場合もあります)

心理療法概略(心理セラピーメニューを参考に

2、セッションを受けるに際して


ご自身と向き合い、氣づき、自ら努力し、行動することで効果が期待できます。自分に立ち返る方法と習慣を一つ一つ身に着けていきましょう。

その行動の中には今までしてきた習慣を手放す、“しない  やめる”という行動も含まれています。また、自己回帰セッションを行うことでご家族、お仕事、ご友人関係などに変化が起こる場合もありますので予めご了承ください。



3、自己回帰セッションご感想


ご丁寧な感想をありがとうございました。


その1 「共依存関係の夫、そして母からの精神的独立」  

その2 「嫌いだったあの人、自分の嫌いだった欠点、それこそ宝物

その3 「本当に腹を立てていたのは、人のせいにして行動しない自分自身と氣づいて」 

その4 「うつ病、休職を経て、もう自分の人生を逃げたくない、と決意して


番外編: クライアントさんのその後



4、自己回帰セッションの進め方


⑴  セッション場所・方法

東京都内(池袋・新宿・神田等)での対面セッションが2〜5回。無料音声通話※にて音声セッション2〜3回と必要に応じて使い分けていきます。

次回がどちらのセッションとなるかはクライアントさんの状態により、基本わたしの方でご提案させて頂きます。が、遠方だから音声多めで、または対面の方がわかりやすい、など ご本人のご希望があればおっしゃってください。相談しながら決めていきましょう。

※LINE、スカイプ、SkyPhon (日本製高音質の無料通話アプリ(ダウンロードしただけで簡単登録>>こちらからダウンロード



⑵  対面セッションでは…

主にお話を伺ったり、身体のチェック※および調整、 改善の為の指導、及び 自分軸の言語化ワーク等を基盤に行います。他、質問等にホワイトボードを使って図解説明することもございます。ともあれ、カフェ等でのセッションと違いプライバシーが確保できます。

 ※着衣のまま、立位で行います。多少身体に触れることもありますが、

その際は承諾をとってから触れさせて頂きます。

↑ 予約状況によりお部屋は変わりますのでイメージとしてお考えください。


⑶ セッション期間中のメールフォロー 

不安になった時、これで良いのか客観的な意見が欲しい時、困った時、その他質問等でお使いください。(わたしがクライアントの立場で一番欲しかったものだったのでセッションに取り込んであります)また課題や日課をして頂いた方が良い場合、は毎日結果をやりとりする場合もあります。”継続は力なり” ですから一緒に行っていきましょう!

尚、時としてチャット形式にはなりますが、基本のやり取りのペースは1~2日以内にはお返事するような感じだとお考えください。

※緊急な場合など時として音声セッション(短いですが)や、メールにてのセッションを行ってフォローさせて頂きます。出れるような状況でしたら出てくださいませ。

セッション中、”独りではない”、そう、あなたが感じて頂ければこのメニューを加えた意義があります。どうぞよろしくお願いいたします。



5、番外編:セッション間隔について

潜在意識への浸透は、21日周期が 一番効率が良いと言われています。

ですが、なんとなく、だいたい、ああ、この方にはこの間隔が良かった、という時期に決まることが多いです。また仕事やご家庭の事情がありましたらどうぞおっしゃってください。


コースご案内・料金はこちら

お申し込みはこちら


 

生き辛さからの解放され 本来の"自分自身"に還りたい"あなた"へ

アダルトチルドレンのあなた 一生懸命やっているのに空回り 他人の氣持ちを優先してしまう 居る場所がない、虚しい、孤独感… 自分の本当に「好き」が わからない 生きている実感が湧かない それは "本来の あなた" ではないから 潜在意識を活用したセッションと心理セラピストあらたの潜在能力である共感共鳴能力を活かし、 あなたの”心”と”身体”と”魂”を統合していきます