心理療法が効果を発揮しているのはどういう状態か、そして右脳左脳の本来の役割について

    心理療法について 思ったことをつらつらと。


 心理療法のイメージワークも受けるクライアントさんにより表現も、内容も、根本の悩みや傷も本当に千差万別です。 

 王道的な表現の流れもあれば、

  (お母さんに言いたかった言葉が出た、 寂しがっていた自分に会えた、とか)

まったく違う表現の流れもあるわけです。 


 それはそれぞれの個性であり、豊かな多様性のあらわれで素晴らしいことなのに、 これが癒しだ!!的なショーパフォーマンスになって中身がないお涙頂戴ショーを見たり聞いたりブログで読んだりして、 それと同じような展開にならないから、と、苦手意識を持ってしまう方がいます。

  カウンセラーやセラピストが診断と共感と誘導が下手な為にワークへと至らなかったのに、 

”わたしはイメージワークが苦手です・・・”  

と苦手意識を持ってしまうクライアントさんがいて困ったなあ、と。  上手く行っているのに皆んなと違うからと違うんだ、不安になってしまったり… これは本当業界?の悪いところとすら言えます。そもそも心理療法を出来てない人自体が講師となって養成講座を開いていたりして、パフォーマンスで注目を浴びた人が(例えばパワーブロガー)が言っているから正しい、という風潮にも問題があるかもしれません。

 わたしはクライアントさんの言語も勿論観察していますが、身体、感情エネルギーや軸の状態と言う潜在意識の動きを、共鳴することで、クライアントさんより先にクライアントさんの状態を把握していきます。 クライアントさんが泣く前に涙が流れるし、胸が焼け付くような痛み、苦しみをセッション前や、その人がブログを読んでいる時ですら感じる場合もある。(千差万別です、ハイ)


 だから上っ面の言葉や、思考の声に惑わされません。 


泣こうが、

 いや、泣かなくても、

 具体的な言葉が出なくても、 そんな瑣末なことで判断はしないです。

また、本人が”ない”と隠しても、わたしは見逃がしません。



そもそも"言えたら癒える"って、

申し訳ないですが言語は所詮インデックスにすぎません。 

そして言語は嘘もつけます。

そもそも画像のデータとテキストのデータ、どちらが重いですか? 

圧倒的に画像です。


 もちろん言語は言語で勿論素晴らしいし、そもそも働きが違うので否定をしている訳ではありません。が、変化をもたらす部分のエネルギー量を考えてください。 


顕在意識は3%から5%、潜在意識は95%以上なのだから。


つまり潜在意識の流れを変えたこと、をクライアントさんが言語することでより深く自分を把握すること、ならば癒えるきっかけになります。(フォーカシングを始めとした心身療法は、これを体系化した療法です)


だから言語が先、ではないんです。

そしてクライアントさん自身が言語化出来る相談内容は表面的なものですから、その相談内容をより深く、クライアントさん自身が氣づいてない場所へ移行しない限り本当の癒しはおこりません

つまり深い潜在意識にアプローチしない浅い言語だけのやり取り何か憶測された言葉を発したとしても、それは上っ面の言葉遊びでしかありません。

(フロイトの精神分析のやり方はそういった言語を使って潜在意識へアプローチするやり方ですが、それは毎週セッションを重ね、6年や8年の時間がかかります。)

心屋さんやら、パフォーマンス的な形だけのカウンセリングではこの場合が多いです。

言語を左脳であり顕在意識

 画像を右脳=潜在意識として考えると分かりやすいでしょう。 

つまり右脳は感情であり、あなたのカラー、個性、能力、つながり、エネルギーを担当します。

 で、左脳は思考分析、分類、判断担当ですから右脳というエネルギーをどう活用するか、ベクトルの方向を定めていくもの、で、両輪揃ってあなたは人生を進めていけるわけです。

だからやたら右脳褒め、右脳素晴らしい、は全く間違っています。

ではなぜそういう風潮に一部あるかというと、今の現代社会に染まっていくには左脳優位の人が地位を得ることが多かったからです。左脳のみの人は右脳右脳と言わざる得ない。


話はそれますが、

ですから心理学も日本などは特に学術的な地位にいる教授ほど、そして心理学の授業では言語のみの療法しか教えません。(ソマティック心理学なんてゲテモノ扱いでしょう。学問扱いされない)せいぜいユング派の河合隼雄ぐらいでしょうか。

ですが臨床で大切なのはクライアントさんが生きやすくなるかならないか、で、流派や、やり方ではないはずです。もともとアダルトチルドレンという概念は臨床から出てきた言葉です。


今ではACの概念は、だんだんと浸透はしていますが数年前まで研究者は確立した診断基準がないから、そんな存在はない、というのが大学という研究者の立場でした。科学とは再現性が求められるから、です。誰が実験しても同じ結果が起こること、それが科学としての証明だから。


臨床現場は違います。

今ここにそういう人たちがいるのだ、そう苦しみを持った人がいる、と。それは学術的に認められたかどうか、ではなく、その人自身がその苦しみから解き放たれること、を重視します。

(河合はソマティックではないですが、夢分析のユング派ですから…と話が逸れそうなので、この話題はここで。)


話を元に戻しまして。

ですから、もし縁があり、わたしのところへいらした際、

わたしから出来てますよ、

とお伝えしたら、あ、わたしは これでいいんだ、と思って頂けたらと思います。


 (また受けた方は、そう、そう、と力強く頷きそうですが)  

また あなたが思考の声で自分を説得しようと始めたら、

わたしに必ず、ちょっとそれは一旦やめましょうか、と言われると思います。


セラピスト、思考の声か、潜在意識の声か、見分けがつかないとセッションになりません。

が、思考の声にカウンセラーやセラピストまでもがクライアントさんと同じく惑わされているケースをオープンカウンセリングで多数見受けました。 


ケースとして、 

クライアントさんが自己を誤魔化すのに都合の良い寸劇を初めてしまい、それが”言えた”体験と勘違いするパターン。 カウンセラーはその寸劇を見抜けず一緒に虚構を創り上げてしまう。 師匠がそれだと信奉してるお弟子さん、みんな同じですね… わたしには大変勉強になりましたが、クライアントさんは間違った方向に誘導され、更に自己から遠ざかっていましたので大変残念なことです。 (わたしはクライアントさんの内部で本音が怒り狂っていたのを感じていたので切なかったです…しかしそのカウンセラーを選んだのはクライアントさんなので、それも自由意志。まだ本音と対峙するタイミングではないのでしょう)


 因みに、なぜクライアントさんが誤魔化すのか。

様々なパターンがありますが、やはりトラウマと対峙は怖い。 

また自己回帰セッションのように更に自分と向き合っていく時、乗り越えなくてはいけないことがあります。

 それは自分すべてを受け入れること。

 そこには自分の欠点も含まれています。

なかなか辛いことでもある…しかし大人になるとはそういうことです。


 それらを克服して、

 わたしはわたしを生きる、

 なのか、

 逃げるのか、は、本人次第。


 だから 言ったら癒える 

とか 

泣いたら解放 

しかも号泣した、会場中感動の涙 

とか

 お母さんが全ての原因

 とか

 コント 

とか

 最後は爆笑

 とか

 やら、あまり存じませんが、

 セッションの落とし所? の決まりはありません。


なぜマニュアル通りになるのか。

なぜ決まった落としどころになるのか。


それはカウンセラーが あなたの声を聴けてないから。それだけです。


 考えてみてください。人は同じようで、それぞれ違う。だからあなたの表現はあなたしかありえないもの。表現そのものの多様性、 それこそ ありのままの あなた なんだから違って当たり前。

故に、 セッション内容が同じってことはないのです。 

 しかし悲しいかな、マニュアルのままのセッションしか出来ない施術者は更にワークの本質も潜在意識の原理も理解出来てないので、自分の知っている範囲に、事例にクライアントさんを当てはめ誘導するのです。 

 セッションとは、 ありのままのあなたを自由に制限なく表現し、それを受け止めて認めてもらう為の始まりの場であります。 今までそれが出来なかったから辛いのだから。  


しかし施術者が あなたをマニュアルに当てはめる、  これこそ

あなたが昔親から、親戚から、会社で、学校で、夫から妻から友人、知り合い、姉、兄、弟、妹からされてきたことじゃないの? 


 また あなたが〇〇の絶対法則、に従うのも、

 あなたが自ら、 あなたをマニュアルに当てはめてる のにも氣づいて欲しい。 


 ですからどこかで読んだ感想やら、 成功体験みたいので成功事例に自分を当てはめなくて良いです。 というか当てはめたらいけません。 

 また本当の自分と向き合いたいならば、そんな施術者を選んだらいけない。

 あなたにはあなたしかない人生を心理療法は 再度客観的に振り返る作業です。

 そしてそれを再体験し再解釈することで、今、これからどう生きていくか再決断していく行為。

 故に そのセッション内容は あなた独自のもの、で然るべきなんです。

同じものであってはいけない。 


 また自己回帰では、潜在意識を応用して更に未来のあなた、に意識を向けていきます。なぜ未来の可能性を感じることが出来るか、それは潜在意識の中には時間がないからです。 量子力学で意識を確定したモノが現実化する、だから意識が大切、と浅い解釈をされる方がいますが、そうではなく。 意識を向けると確定するから感じられる、と言うのが本当のところ。

 具体的ではないから分かりにくいかもしれませんね… って話が 更にずれ出したので 

(まあいつもの如くあちらこちらに…) 今日はこの辺で。 

生き辛さからの解放され 本来の"自分自身"に還りたい"あなた"へ

アダルトチルドレンのあなた 一生懸命やっているのに空回り 他人の氣持ちを優先してしまう 居る場所がない、虚しい、孤独感… 自分の本当に「好き」が わからない 生きている実感が湧かない それは "本来の あなた" ではないから 潜在意識を活用したセッションと心理セラピストあらたの潜在能力である共感共鳴能力を活かし、 あなたの”心”と”身体”と”魂”を統合していきます